カートを見る
 

迫撃480 ASSAULT

縦に釣る壁釣りや、かけ上がりを攻めるための取り回し、手返しがイイような短めにした接近戦用のアサルトロッド。

接近戦=「ASSAULT(アサルト)」

本来「アサルトライフル」などのように「アサルトライフル=突撃銃」ですが「突撃」はネーミングにするには名詞よりも動詞っぽく聞こえるので、接近戦の緊迫・切迫、近距離の緊迫感をイメージした「迫撃」としています。

「要撃540」に始まって「狙撃545」「迎撃520」と、ネーミングでいったん韻を踏んでしまったので今回追加したショートロッドには「迫撃480」としました。

手持ち竿は「斥候500H」でもいいのですが、アレンジを尖がらせ潮流などの中でも死ににくい穂先にしてあるため15号や10号以下の軽い仕掛けを使って攻める際に扱いにくさが出てしまうところがありました。全体的な操作性の良さは一番バランスがイイと思います。

「迎撃520」はやはり「5m竿」と「5.4m竿」の中間的な感触があります。これではちょっと手持ち竿として物足りなさを感じる方は「迫撃480」がより手持ち竿らしいと思います。

ページトップへ