カートを見る
 

ADIOS REX 110 V-spec Runabout

石鯛竿の通常穂先や軟調穂先など状況に応じて穂先を替えるのように、「M-spec」と兼用性のある「V-spec」。バット側#2ブランクは「M-spec」と共通です。ティップ側#1は「M-spec」よりも反応を早めにアレンジしています。

ロックショアを想定した11ftの長さに、ベイエリアやリバーシーバスの8〜9ftクラスのシーバスロッドの先径並みにまでティップを絞り込み、わずかに張りを持たせたティップで最低限のルアー打ち出し初速の確保とロングベリーで粘る胴でヒラスズキ釣りを成立させるようアレンジを変更。バット径からティップ径2.0mmまで急テーパーで絞込んだイメージを「V」とし、「V−spec」としました。

「J-spec」よりも素直に、スタンダードっぽく、「シーバス」を想定した作りですが、サラシを引っ張ってると「つきもの」の外道への対応は完全無視にはしてはおりません。対応能力は「J-spec」よりかなり落ちますが、ライト系のロッドには見ないような肉厚のブランクですので、外道を「掛けた時」(掛ってしまった時!?)は粘り強く耐えてくれるかと思います。