カートを見る
 

Adios Rex106H 外道Special

Adios Rex106H 外道Special

ヒラスズキ釣りにつきものの「悪天候」、強風下でルアーに初速を与えるだけの最低限の張り、風の中でもブレにくいボディなど・・・かなり張りを意識したロッドが使いやすかったりします。そしてその張りを求めパリパリのアクションにしてブランクの寿命が短すぎるアレンジもある意味NGにもなる。高価なロッドは息が永いにこしたことはない。また高弾性のヒラスズキロッドはランディング時などの引き波などによる不自然なロッド操作で折れることもあります。張り&粘りを程よいmixが必要と思います。バイト時の弾きも最低限にさせたい。掛けてからは魚に主導権を与えないだけのロッドパワー。そしてその「掛けてから」は重要で、ヒラスズキ釣りにはその本命であるヒラスズキより引く「外道」がアタってきます。ヒラス・マダイ・タマンなど遥かにヒラスズキより引きが強く捕ることも難しい「外道」がアタります。ヒラスズキだけ捕れるタックルだと、不意にアタる貴重な「外道」は、いつまで経っても「突然青物がアタったんだけど捕れなかった〜、イイサイズだったと思ったんだけどな〜」ばかりで、掛かる度にバラし、いつまでたっても「バラシ談話」で捕れないまんま・・・にもなりかねません。せっかく掛かったモンは捕りましょう!!的に「外道もできれば捕りたいヒラロッド」なアレンジです。けっしてバチバチのヒラ竿らしからぬ竿ではありませんが粘ってトルクがあり「ごまかしながら!?」でもそこそこのサイズの青物でも捕れます。だから・・・ヒラロッドなのに「外道Special」(^^;;)

※現在、販売は行っておりません。再販が決まればサイト上でお知らせいたしますm(_ _)m

「Adios Rex」名前の由来

「Rex」・・・かつて日本海軍に「強風」という水上戦闘機がありました。連合国軍からはコードネーム「Rex」と呼ばれていました。

「Adios」・・・私自信がヒラはリリースメインなので「またな!」という気持ちと、強風下で使いやすいロッド「強風バイバイ的」な意味を兼ね合わせた名前としています。

ページトップへ